2010年01月25日

裁判員裁判「検察官の役割重大」担当検事らに法相訓示コメント(産経新聞)

 全国50地検の裁判員裁判担当者らが集まった「裁判員裁判担当検事会同」が19日、東京・霞が関の法務省で開催され、千葉景子法相の訓示を加藤公一副大臣が代読した。

 訓示で千葉法相は制度について、「まずは順調にスタートしたと考えられ、裁判員候補者や裁判員となられた国民の皆様方のご協力に感謝とともに、その強い使命感に敬意を表したい」としたうえで、「制度の意義が十分に発揮されるために検察官が果たす役割は極めて重大」「今後は、複雑困難な争点のある事件の裁判が実施されることが見込まれることから万全を尽くしていただきたい」などと述べた。

【関連記事】
裁判員 名古屋地裁 全国初、取り調べDVDを証拠採用へ
裁判員2年目 課題克服し制度の定着を
貧しい被告に裕福な裁判員は不利? 趣旨反する“裁判員外し”明らかに
裁判員でどう変わった?“第1号”弁護士・検事を直撃
裁判員裁判、来年は控訴審続々「高裁なりの検討を」

小沢氏、土地購入原資4億円 「銀行破綻続き現金化」(産経新聞)
寺に強盗、200万円奪う 複数の男ら、住職縛る 京都(産経新聞)
鳩山首相、麻生前首相の二の舞!?故事成語を自信満々の勘違い(スポーツ報知)
長崎・漁船遭難、海底の船を山田丸と確認(読売新聞)
水俣病、東京でも提訴へ=国など相手に2月にも−患者団体(時事通信)
posted by 魚沼産コシ光 at 15:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

<小沢幹事長>聴取に「検察は説明を」…民主の細野副幹事長(毎日新聞)

 民主党の細野豪志副幹事長は23日午前の民放番組で、同党の小沢一郎幹事長が同日午後、土地購入をめぐる事件で東京地検特捜部の事情聴取を受けることに関連し、「検察も表に出て説明していただく必要がある」と述べ、捜査上政治資金規正法をどう解釈しているかなどを説明するよう求めた。与党幹部が捜査中に捜査方針を明らかにするよう要求するのは、検察側への圧力となる可能性もある。

 細野氏は小沢氏の秘書だった石川知裕衆院議員の逮捕を念頭に、「検察に圧力をかけるつもりはないが、政治資金規正法のどの部分をどう解釈していて、その先をどう考えているのか、検察は闇の中でできる。情報を出してほしい」と語った。一方で、小沢氏の説明責任については「事件が動いている中で今知っていることをとにかく話すのが説明責任ではない。我々はある一定の区切りの時に説明する」と述べた。

【関連ニュース】
小沢幹事長:4億円の原資どう説明…23日に任意聴取
小沢幹事長:23日に任意聴取…終了後「国民向け」声明へ
小沢幹事長:「お騒がせしている…」パーティーで笑い誘う
小沢幹事長:「近々中に理解得られる状況作る」
小沢幹事長:世界の注目指導者3位に 鳩山首相はランク外

在阪企業のサポートを=ベトナム国家主席と会談−橋本知事(時事通信)
寺に強盗、200万円奪う 複数の男ら、住職縛る 京都(産経新聞)
【再生の街 水谷門下生の震災15年】(下)神戸市中央区・旧居留地(産経新聞)
バイエルの不整脈治療剤を承継―ホスピーラ・ジャパン(医療介護CBニュース)
<補正予算案>25日採決で大筋合意 衆院予算委理事会(毎日新聞)
posted by 魚沼産コシ光 at 20:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

名護市長選、「普天間」首相判断に影響も(読売新聞)

 17日に告示された沖縄県名護市長選は、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)への移設を容認する現職と、反対する新人の一騎打ちとなった。

 選挙結果は新たな移設先検討の行方を左右しかねず、政府・与党も注視している。

 「基地問題で、総理大臣はふらふらしている」

 現職の島袋吉和氏は17日の街頭演説で、鳩山首相への不満をぶちまけた。

 島袋氏は今回、政党の推薦を受けなかったが、自民、公明両党と仲井真弘多県知事の支援を得た。ただ、自公両党の野党転落で、集票力の低下が懸念されている。

 一方、新人で前市教育長の稲嶺進氏は17日の出陣式で「もう辺野古の海には基地は造らない」と訴えるなど、県外移設を求めた。

 稲嶺陣営は県外移設を求める民主、社民、国民新党と共産党が「大同団結」した。しかし、保守系の支持者を中心に、共産党の参加に反発する向きもあり、票固めが課題だ。

 政府・与党は市長選の結果を踏まえ、5月までに移設先の結論を出す方針だ。鳩山首相は17日、神戸市内で記者団に対し、「どのような方が選ばれるかはそれなりの判断になる可能性はある」と語った。

 県内では「県外移設論」が強まる一方、現時点で有力な移設先のめども立たない中、どちらが勝っても、難しい判断を迫られることになりそうだ。

選任手続き、手話通訳付けず=裁判員候補者の要望見落とす−高知地裁(時事通信)
脳卒中 早い受診で後遺症防いで(産経新聞)
虚偽記載容疑 大久保被告を逮捕 小沢氏の公設第1秘書(毎日新聞)
拘置所移送中、警官に暴行=脅迫で起訴の男逮捕−北海道警(時事通信)
<人事>総務省(15日)(毎日新聞)
posted by 魚沼産コシ光 at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。