2010年01月12日

志位・市田体制継続へ、13日から共産党大会(読売新聞)

 共産党は13日から4日間、静岡県熱海市で、4年ぶりとなる第25回党大会を開く。


 最終日に、志位和夫委員長(55)、市田忠義書記局長(67)の留任を柱とする中央委員会幹部会人事を決める方針で、夏の参院選に「志位―市田体制」で臨むことを確認する。

 党内では、60歳代後半の市田氏に代わって、次代のリーダーと目されてきた小池晃政策委員長(49)を書記局長に推す声もあった。しかし、小池氏は夏の参院選東京選挙区に「必勝」を期して出馬することもあり、市田氏の続投が望ましいと判断した。

 党大会では幹部会以外の中央委員会人事も決めるが、どの程度若返りが進むかが焦点だ。党の「現実・柔軟路線」を主導してきた不破哲三・前議長は今月26日に80歳を迎える。前回大会で議長を退任したものの中央委員には残った。127人いる中央委員の中では最高齢で、去就が注目されている。

 参院選については、大会決議案に〈1〉東京選挙区で議席獲得〈2〉比例選で650万票以上、5議席を確保――との目標を盛り込む。

 決議案では、共産党の役割について、「国民の不安や批判を代弁する『建設的野党』」と明記。雇用や中小企業対策など国民生活を守る活動を強化することで、共産党も政権に加わる「民主連合政府を樹立する条件が開けてくる」との見通しを示している。

 ただ、共産党は2000年11月に志位氏が委員長に就任して以降の6度の国政選挙で、公示前勢力を上回ったことが一度もなく、「建設的野党」というキャッチフレーズについても、党内に「与党に協力するのか批判するのか分かりにくい」との指摘がある。

漁師の花道
2010年サンダース軍
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
クレジットカード現金化
自己破産
posted by 魚沼産コシ光 at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<雑記帳>出た! 山口の穴場で年末ジャンボ1等2本(毎日新聞)

 山口県宇部市の宝くじ売り場・宇部琴芝チャンスセンターで、年末ジャンボの1等2億円2本、前後賞5000万円4本が出た。人口18万人の街は「一体誰が」と大騒ぎだ。

 1等は全国で63本だったが、中国地方は他に鳥取の1本のみで100万都市を抱える広島はゼロ。福岡でも3本。みずほ銀行も「地方の売り場で1等の複数当選は珍しい」。

 この売り場は10年前にも1等が出た“穴場”。業界全体で苦戦が続く、お隣のデパート、宇部井筒屋は「呼び水となってお客さんが増えるかも」と、幸運のおすそ分けを大いに期待。【後藤俊介】

【関連ニュース】
伏見稲荷:さい銭開き 集計5日がかり
宝くじ:早朝から列 「年末ジャンボ」全国で一斉発売
質問なるほドリ:年末ジャンボ宝くじの仕組みは?=回答・石川貴教
福岡タワー:巨大な絵馬に人気 /福岡
岐阜ファミリーパーク:大型複合遊具、市が11種設置へ /岐阜

解散はいつだー
田舎で働く保育士の日記
ショッピング枠現金化
無料携帯ホームページ
クレジットカード現金化
posted by 魚沼産コシ光 at 18:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。