2010年06月10日

哨戒艦撃沈 日米韓、今後も連携で一致(産経新聞)

 【シンガポール=宮野弘之】北沢俊美防衛相は5日、訪問先のシンガポールでゲーツ米国防長官、韓国の金泰栄国防相と会談し、北朝鮮による韓国海軍哨戒艦撃沈事件をめぐる国連安全保障理事会での協議を前に、日米韓が今後も連携し一致した行動を取っていくことを確認した。ゲーツ長官は同日の講演で北朝鮮に対し、米国独自の追加措置を検討していると表明している。安保理での対北朝鮮決議をめぐる協議が不調に終わる場合、日米韓3国による独自制裁を含めた対応を取る可能性もある。

 会談では韓国から国連への問題提起にあたり、中国やロシアなど各国に調査結果を説明したことなど、現状について報告。北沢氏は会談後、記者団に対し、「国連で協議していくうえで、3カ国が一致した行動を取る必要があると感じた」と述べ、中露両国が北朝鮮に対する決議の採択などに消極的で、安保理協議が難航する可能性を示唆。

 ただ、その場合も「中国の理解を得て北朝鮮に対し、これ以上の暴発は自国に危険であることを知らせるメッセージを出し続ける必要がある」と述べ、中国の関与が不可欠だとの姿勢を示した。

 これに先だって行われた日米防衛相会談で、北沢氏は、菅直人新首相がアジア太平洋地域の平和と安定を重視していることを強調したうえで、米軍普天間飛行場の移設を含む日米合意について、「次の内閣でも間違いなく国と国との約束として引き継いでいく」と約束し、新内閣として、普天間問題の早期解決をめざし、国民の理解を求めていく方針を表明した。

【関連記事】
メガトン級「心理戦」を見合わせた韓国の葛藤
安保理提起、手探りのスタート 事前調整不完全なまま 哨戒艦撃沈
米韓の緊密協力再確認 李大統領、米国防長官と会談
米国防長官、北に責任を取らせる措置検討 韓国哨戒艦撃沈
組閣先送りで職務執行内閣 4日間は平成で最長
「はやぶさ」帰還へ

<消火スプレー>破裂事故相次ぐ 気温が上がり危険な夏場(毎日新聞)
米大統領と電話会談へ=菅新首相(時事通信)
徳之島は「日常的訓練」=普天間移設、本土より高頻度想定―官房長官(時事通信)
岩手、宮城で震度3(時事通信)
菅・オバマ初の電話会談、サミットで首脳会談へ(読売新聞)
posted by 魚沼産コシ光 at 21:47| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。